社会福祉法人 蘭越町社会福祉協議会

蘭越町社会福祉協議会 各種事業

各種事業(基本的な目標と取り組み)

社会福祉協議会活動の推進

社会福祉協議会として、社協の事業経営理念を明確化し、地域の声を反映した社協らしい福祉活動を推進し、在宅福祉活動の実効を上げるよう努力します。

在宅福祉サービスの基盤の強化と住民参加の促進

町民一人ひとりの幸せを地域ぐるみの力で高め、住みよい、明るい、幸せな町づくりを推進します。

ボランティアセンター事業の整備充実

ボランティアセンターの活動を更に深めるため、ボランティア活動団体の育成と各団体の連携、在宅福祉サービスの推進活動をより強化します。

老人福祉活動の推進

急速に進む高齢化社会の中で、老人が健康で明るく楽しい生活を送ることのできる地域福祉を推進するために、老人クラブの活動強化と高齢者の健康保持と親睦を図るため軽スポーツ等の開催を推進します。

青少年・児童福祉活動の推進

急速な高齢化や少子化、そして核家族化の進行等、青少年・児童の福祉活動をとりまく環境も大きく変わってきております。
これからの次代を担う青少年の健全育成活動について協力し推進します。

母子寡婦(父子)福祉活動の推進

多様化する母子寡婦の充実にむけ、明るく情操豊かな環境づくりと、関係機関と連携し、母子寡婦(父子)家庭の支援活動の強化に努めます。

障害者福祉活動の推進

ノーマライゼーションの考えに基づき、障害のある人もない人も共に支えあう、人にやさしい社会の実現のため、身体障害者福祉協会等の社会参加促進と福祉団体の育成に努めます。

更生福祉活動等の推進

社協は、在宅福祉活動を推進するため、住民福祉に関する問題発見と、これらに対応する民間の自発的組織として、各団体と連携協調を図りながら、地域に密着した活動をこれからも進めて参ります。